中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)

薬膳セミナー年間スケジュール

  • 季節の薬膳
  • 2019年6月(小倉店)
  • 2019年7月
  • 2019年10月
  • 2020年1月

薬膳セミナーサイクル季節に合わせた食養生の薬膳セミナーを年に4回、「4月(春)、7月(夏)、10月(秋)、1月(冬)」に開催させて頂いております。
中国伝統医療の「中医学」に基づいた季節の食養生の知恵を学び、「季節の体を養う料理」を召し上がっていただきます。
「学び」と「食」を同時に体験いただくことで、「薬膳」のセオリーだけでなく、中国料理の薬食同源の魅力が、美味しく、楽しく理解頂けるセミナーとなっております。

《2019年6月》

夏の薬膳
体に響く薬食同源

小倉聘珍樓ANNEX

福岡県北九州市小倉北区船場町1-2 紫江’S 小倉リバーサイドチャイナ2F
TEL.093-522-3722

・2019年6月26日(水)18:30~(夜)
・2019年6月27日(木)12:00~(昼)

※ご予約の際は、ご参加される日時をご指定下さい。
※ご要望欄に薬膳セミナーご予約の旨ご記入ください。

《2019年7月》

夏の薬膳
せいかきあん
清夏暉安

-酷暑をのりきる-

危険なまでに暑い最近の夏。気温が上がるほど冷房を効かせる日中。
暑くて熟睡できない夜。大量の汗をかいて内側から渇く体。
いままでにない酷暑にスポットを当て、長く厳しい夏を健やかに過ごすための中医学の知恵と食養生をお届けします。

2018年度 夏の薬膳セミナー

《2019年10月》

秋の薬膳
ふしょうれいじゅん
富秋麗醸

-体の内外乾燥-

長い酷暑の影響が秋に現れます。
暑さがもたらした負担は疲れとなって体に溜まり、病気への抵抗力を弱めます。
気候がよく過ごしやすい秋のうちに体をいたわりましょう。
滋潤や滋養の薬膳パワーを味方につけて冬に向けて養生します。

秋の薬膳セミナー

《2020年1月》

冬の薬膳
とうかじゅせつ
冬華寿雪

-冷えと血流-

暖房設備が行き届いているにもかかわらず、日本では多くの人が「冷え」を感じています。
季節の寒さよりも注意したいのは、体が内側に抱える「温められない原因」。
現代人のパワー不足を「気血水」をコントロールすることで整えます。

冬の薬膳セミナー

聘珍樓の薬膳

malmaga_s

聘珍樓の薬膳

Instagram

PAGETOP
Copyright © 株式会社聘珍樓 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.