中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)

【広東料理】

広東料理と食文化

乳のみ仔豚の丸焼き

海鮮の火鍋 (打邊爐)

 それでは、日本でいうところの「広東料理」の系譜を見てみましょう。広東は中国大陸の南に位置し、中国で最も人口の多い省であり、人口密度も中国一という地域です。広東のほぼ全域は亜熱帯または熱帯性気候に属していて、一年中暖かい、というよりとにかく暑い、蒸し暑いです。高温多湿の気候が動植物の生育に適しているため、とにかく年がら年中市場には野菜や果物が溢れ、豊かです。昔から「食は広州にあり」と言われておりますが、深圳の市場などを訪れるとその賑やかさとスケールの大きさと品数の多さに圧倒されます。
 「広東の人は四つ足のあるものは机と椅子以外、飛ぶものは飛行機以外何でも食べる」
 というジョークが有名ですが、深圳の市場を眺めているとあながち冗談とも言い切れない気がしてきます。過去にはそう言った広東料理の「悪食(鳥、獣、虫、蛇を問わず何でも食べる)」が揶揄されることもありましたが、時代が移り変わるにつれて人々の食文化に関する考え方も随分と変わってまいりました。

聘珍樓の薬膳

malmaga_s

聘珍樓の薬膳

Instagram

PAGETOP
Copyright © 株式会社聘珍樓 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.