中国料理・広東料理|聘珍樓(へいちんろう)

カカオ【聘珍樓ショコラ】

中国のバレンタインデー

 2月14日はバレンタインデーですね。日本では「女性が男性にチョコレートを渡して愛を告白する日」とされてきました。昭和の生き証人である私の記憶によれば(笑)少なくとも50年くらい前からすでにこの習慣は小中学生の間で大流行していて、2月に入ると、クラスの誰にチョコを渡すか、とか、誰が何個チョコをもらったか?などの話題で持ちきりでした。
 バレンタインデーに女性から男性にチョコレートを渡すのは日本だけの習慣で、欧米のみならずお隣の中国や韓国にもこのような習慣はありません。日本でも昨今は「女性から男性へ」という括りや「好意を告白する」と言った意味合いがなくなりつつあるようで、チョコレート、というギフトアイテムの地位は不動ながらも、シンプルに「チョコレートを贈りあったり、自分用に買ったりして楽しむ日」というところに落ち着きつつあります。
 もちろん中国でもバレンタインデーは大事な日です。この日は「情人節」と呼ばれ、恋人同士が愛を確かめ合う日、とされています。レストランのテーブルはカップルで満席になり、主に男性から女性に花束やプレゼントが贈られるのが定番です。
 さらに驚くことに、中国にはこの「情人節」が年二回あります。「元祖」情人節は旧暦の「7月7日」七夕です。中国ではバレンタインデーが広まるはるか前から、この日は恋人たちの日、つまりはバレンタインデーと同じ位置付けだったのです。新しく西洋から来た「情人節」は都合よく2月で、元祖と半年の間隔があるのが功を奏してか、現在この二つの記念日は仲良く共存しています。

聘珍樓の薬膳

ご宴会プラン 聘珍樓ショッパーズ 聘珍カード 聘珍カード専用決済サイト

聘珍樓の薬膳

malmaga_s

PAGETOP
Copyright © 株式会社聘珍樓 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.